© 2017 Maebashi Machinaka Agency

和菓子で人をつなげたい!

なか又は

和みのひとときをお届けします。

なか又

ARCHITECT

長坂 常

JO NAGASAKA

スキーマ建築計画代表。1998 年東京藝術大学卒業直後にスタジオを立ち上げ、現在は青山に単独でオフィスを構える。 仕事の範囲は家具から建築まで幅広く及び、どのサイズにおいても 1/1 を意識した設計を行う。 国内外でジャンルも問わず活動の場を広げる。日常にあるもの、既存の環境の中から新しい視点や価値観を見出し、デザインを通じてそれを人々と共有したいと考えている。 主なプロジェクトとして、国内全店舗の「ブルーボトルコーヒー」と「DESCENTE BLANC」など。 著書に「長坂常|常に思っていること Jo Nagasaka: On My Mind」LIXIL出版、「B面がA面にかわるとき[増補版]」鹿島出版、「Jo Nagasaka / Schemata Architects」FRAME出版。

前橋中央通り商店街は、かつては群馬県内外から誘客していた、前橋市の中核商店街である。この商店街に和菓子屋「なか又」を開店させるにあたり、新築計画を行った。必要な厨房を1階に取り、2階建の建物とすることで、自ずと余剰の広場が現れた。その広場をそのまま残し、通りからの抜け道を確保した。広場は隣地にも共有されることで「境界」という概念が溶け、豊かな関係性が与えられる。また、建物が間口を覆う画一的な並びに抜けを挿し込むことで、商店街を立体化し、お客さんの意思によって体験が変わる新たな商店街を考えた。前橋には絹の町として繁栄し、レンガ倉庫が建ち並んだ歴史がある。建物外周及び敷地の高低差が、レンガにより三次元で現れるように計画した。そこに人々が腰掛け、休んでいけるように設えた。他のお店に持ちつ持たれつ、商店街を活気付けていくことを期待している。