都市魅力アップ

共創推進事業 PR冊子/

前橋ビジョン策定

プロジェクト PR冊子

PRODUCTION WORK | 2019

前橋市の進める民間共創。
ビジョン「めぶく。」も
実はそこから生まれました。

都市魅力アップ共創推進事業 PR冊子

1/9

前橋市では、これまで地域や社会の課題を市民、企業・団体等の民間と行政が共有し、両者の連携による解決に向け、多種多様な形態による官民連携の取り組みを進めてきました。その中の1つである「都市魅力アップ共創事業」は、前橋市の民間共創の一環として、民間の感覚に近似したスピード感のある事業展開を目指すとともに前橋市独特の民間共創のモデルケースとして市内外に発信することを目的に、2013年から実施されました。
その内容はとても複雑に見えますが、要は行政と民間が相反する存在ではなく、手を取り合って前橋市を良くしようというもの。民間からの提案が生まれるよう、事業の内容をポップなイラストとともにわかりやすく1つの冊子にまとめました。

前橋ビジョン策定プロジェクト PR冊子

1/13

前橋のビジョン「めぶく。」も、「都市魅力アップ共創事業」の中の1つ、【前橋ビジョン策定プロジェクト】により生まれました。事業主体は一般社団法人田中仁財団と前橋市。自身の会社経営を通じて“ビジョン”の必要性を感じていた田中仁氏がビジョンを取り入れたまちづくりを前橋市長に提案。その熱意をきっかけに同財団と前橋市が協力し、民間共創によるビジョンを策定することになりました。その事業の発足から、実際に前橋ビジョンを市民へお披露目した「前橋ビジョン発表会」の様子を1つの冊子にまとめました。